現代の免罪符なのか。

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 17:26


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日の郡山市内は、久しぶりに雪が積もった。

幸い、気温が高く雪解けが進んだ。



午後からマンションのリフォーム打合せが1件。



さて、タイトルの件。

宗教改革で名高い免罪符。



中世ヨーロッパの教会では、犯した罪を、教会が発行する免罪符を購入する

ことですっかり消すことができるとし、購入者から莫大な資金を集めた。



しかしながら、それはおかしいと異を唱えたのがドイツ人のルター。

それがきっかけとなり、宗教改革に発展。



保守派のカトリックから新たに派生したのがプロテスタント派で、彼らは新

天地を求めて諸外国へ教線を拡げ、1549年に日本へもキリスト教が伝わ

った。



自分の犯した罪を、お金を払って消すことなど出来るべくもないが、ひとつ

本当かなと思うのは、般若心経の写経を108枚したためて、棺桶に入れる

と天国へ行ける、というお話。



信じて実行するか、一笑に伏すかを選択するのは、持って生まれた運命なの

だろうか。

信じる方に、賭けてみたいと思うのです。



書かせられているとは。

  • 2018.01.20 Saturday
  • 17:39


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は、晴れ間を利用して現場の写真撮影を行う。

本宮市から須賀川市までクルマを走らせた。

明日は、郡山市内を中心に現場を回る予定。




窓を開けていても、寒くはなかった。




さて、タイトルの件。

先週から始まった般若心経の写経。

時間を忘れるぐらいに、熱心に取り組んでいるが・・・。




ある方の言葉を借りれば、それは、書かせられているのですよ、とのこと。

湧き上がる衝動を考えれば、なるほど合点が行く。




どこまでこの感覚が続くのかは、分からないが、心が落ちつく趣味が持てた

ことは、素直に嬉しいことなのだった。



写経のある生活。

  • 2018.01.13 Saturday
  • 17:49


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日も郡山市内は冬晴れの一日。

午前中に賃貸の打合せが1件。

午後からは中古一戸建の打合せ、案内があった。



さて、タイトルの件。

二日前から始まった般若心経の写経。



まずは硯に水を数滴たらして、墨を擦るところから始まる。

すぐに書くと墨がにじむので、しばらく置いてから使用する。



般若心経の書かれた紙のうえに和紙を一枚載せて、一文字ずつ集中して

筆でしたためる。その数276文字。



一枚を写経するのに要する時間は、約40分。

結果を求めないで書くことが、秘訣とのこと。



当初は、功徳が積める、という不純な動機が勝っていたが、写経の一連

の流れは、ゆったりとした時間の経過とともに集中力も養われているよ

うに感じ、面白い。



慌ただしさや、気ぜわしさとは無縁の心身の余裕を体感。

和紙の乾いた音や、墨のほのかな香りや、書き留めた写経を丁重に扱う

ことなどが、そのようにさせるのだろうか。



写経用紙のはじめのページに、写経の目的が書かれてあるが、その中に

ムウ大陸当時からこの時の為に、といった文言があり、ますます興味を

掻き立てるのだった。



極めてアナログな、非効率的な、一見無意味な、そして現代の価値観と

は真逆なものかも知れないが、そういうものにこそ余裕というものが感

じられる。



まずは、目標20枚です。



春日大社のお神札。

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 18:49


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は午前中に賃貸管理精算書の発送、賃料送金業務があった。

午後からは来店が3組。

新年の挨拶で来店される業者さんや取引先の方々。



この週末は申込みラッシュで、すでに今年最初の契約を巻いたという景気の

いい話もあった。



さて、タイトルの件。

昨年の暮れに通信でお願いをしていた春日大社のお神札が、本日、ようやく

届いた。これで神棚には、すべてのお神札が揃ったことになる。

毎年、配置しているその場所にお神札をお祀りすると、しっくりとくる。



遅らばせながら、今年のスタートを切らせて頂きます。



飛躍の年へ。

  • 2018.01.06 Saturday
  • 16:47


新年あけましておめでとうございます。代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



弊社は、今日から仕事始め。

まずは、例年恒例の日吉神社での新年のご祈祷を受けてから2018年の

業務がスタートした。



穏やかな始まり。



今年は、取り組んでみたいことが二つあります。

一つは、般若心経の写経。

二つ目は、話し方教室へ通うこと。



写経は、日々書き溜めておいて、ある枚数になったら、心願成就を込めて

護摩焚きを行いたい。



話し方は、一生の財産と思われますので、一度、基礎から学んでみたい。

そして、一人で朗読をする際の教科書としては、池波正太郎の真田太平記

はどうだろうか。全12巻まである。



今年はどのような一年になるのだろうか。

それを決めるのは、自分次第。

願わくば、大きく飛躍する一年にしたい、と思うのです。



そのためには今年は、今まで以上に自己を律し、この瞬間を集中して生きる。

そして、時を守り、場を清め、礼を尽くす。



明日の松の日には、門松を降ろし、如法寺の七日堂参りへ行きます。



このブログをご拝読頂いているすべての皆様のご多幸を祈りながら、今年最

初のブログとさせて頂きます。



今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM