高校野球福島大会。

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 12:00


皆さんこんにちは、 代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



三連休が終わり、今日の郡山は久しぶりのまとまった雨。

しばらく続いていた猛暑から解放された。



ちょうど一週間前のこの日に、第99回全国高等学校野球選手権福島大会の試合観戦

で、ヨーク開成山スタジアムへ足を運んだのだった。



午前10:00と午後12:30の2試合のカードが組まれていて、入口で入場整

理券(¥500円)を購入し、早速スタジアムへ。



平日だったこともあり空いていて、バックネット裏の庇付きの席に座ることができた。



個人的には、試合前のノック練習や5回の攻撃が終了したときに行われるグランド整

備を見るのが好きなのだ。また各高校ごとに特色のある応援も面白い。



暑い日だったので、売店で冷たいお茶を買い、昼食用の焼きそばも買っておくことに

した。



第一試合は、締まった好ゲーム。

どちらのチームを応援する訳でもないが、ヒットを放ち2塁ベースへスライディング

をした選手は嬉しそうだった。



ブラスバンドとチアガールの華やかな応援をする高校もあった。

軽快な楽器は、ストーンズのホンキートンクウィメンを彷彿とさせるのだった。

得点が入ると、お祭り騒ぎとなる。



昔ながらの大太鼓とメガホンで応援をする高校もあった。

こちらは得点が入ると、バケツに入った水をひしゃくで掬い、空中に放つ。

キラキラした雫の儚さは美しく、まさに青春の煌めき。



第一試合が終了し、グランド整備が始まる頃に昼食を摂ることにした。



定刻を少し過ぎてから、第2試合が始まった。

観客の数も少し増えてきたようだった。



ヨーク開成山スタジアムは、センター方向からバックネット裏へ向かって風

が吹く。庇の隙間へ風が集約されるせいか、天然の扇風機のようだ。

気温は上がっていたが、日陰なのでさほど暑くはなかった。



試合観戦に没頭していると、突然後ろから悲鳴が上がった。

振り返ると、すぐ後ろの席に座っていた男性がちょうど通路に挟まるように

うつ伏せに横たわっているのだった。



後ろで見ていた人たちが、駆け寄り、男性を起こして席に腰掛けさせた。

70代位の品の良い男性で、申し訳ありません、と繰り返していたが、親切

な方達が多く、少し横になったほうがいいですよ、とか前の席に座っていた

女性は、看護師さんかと思うほどの介抱をするのだった。



少し顔色が悪い、とのことで係員の方達も2人やって来て、念のため、救急

車を呼びましょう、との話になってきた。



品の良い男性は、情けないです、とか、こんなことは初めてです、と言って

いたが、自分の意思に反して事が段々と大きくなってゆく様子に少しためら

っているようだった。



何となく野球観戦どころではなくなってきた。



しばらくして薄いブルーの上着にマスクとヘルメットを装着した救急隊員が

3名やって来て、青い帽子の方です、と周りの人が伝え、男性に近づいた。



男性は、大丈夫です、と応答し救急隊員も現場から引き揚げた。



係員は、男性のそばで付き添うようになった。

家はこの近くです、とのことだったので、おそらく軽い気持ちで野球観戦を

楽しもうと思ったのだろう。



しばらく座って観戦をしていたようだったが、上体がフラフラする時があり、

係員の誘導で、スタジアムを後にした。



こんなに間近で、熱中症を目撃するとは思ってもみなかった。

そして涼しいと思っていた日陰でも起こるものなのだと知った。

確かにあの男性は、顔色が土色をしていて、ツヤがなかった。



グランドを見ると、強い日差しの中で選手たちが躍動していて、応援席から

は声を張り上げての応援と歓声と太鼓の音。



この狭いヨーク開成山スタジアムではまるで世界の縮図のように、同時進行

で様々なことが起こっていたのだった。



トーナメントは1回勝負。

その分、喜びと悲しみの振幅が大きい。

高校野球の地区予選は、勝ったチームにも負けたチームにも、毎回ドラマが

あり、初夏の野球観戦は、密かな楽しみとなっているのです。



ヨーク開成山スタジアムにて。

  • 2017.07.14 Friday
  • 17:16


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



連日のように暑い日が続いている。

今日は、強い日差しを避けるべく事務処理を行った。



明日から三連休という方も多いでしょう。

楽しまれて下さい!!



さて、タイトルの件。

先日、高校野球選手権福島大会の2回戦を観戦したのだが、思わぬハプニング

があった。



少し長文になりそうなので、次回に投稿予定です。

今日は、早めに上がります。



猛暑日一歩手前。

  • 2017.07.08 Saturday
  • 18:04


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今朝、出勤途中の温度計を見ると表示はすでに30℃の点滅。

今日はオープンハウス開催のため、10時から現地へ入った。



エアコンが無い為、全ての窓を開け自然の風でしのぐ。

しかしながら昼を過ぎた頃から、暑さはピークに。



幸い、道路を挟んだ所にコンビニがあり、冷たい飲み物を買って、しばらく店内

に佇んだ。



オープンハウスは、明日も続きます。



欲せよ、ならば努力を。

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 12:28


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



郡山市内は梅雨空が続いている。

三週間後の土用の丑の日ぐらいには、抜けるような青空と入道雲が見える

だろうか。



先月末から月初にかけて、予定が押していて、やっと一息つける。

良い出会いがいくつもあった。



さて、タイトルの件。

この言葉は、中学校の恩師から贈られた言葉。



『欲せよ、ならば努力を』



自分の望むものを手に入れたいのであれば、努力を惜しまないこと。

手に入らなかったのならば、自分の努力不足を認め、他人や世の中のせい

になどしない、といった解釈をした。



欲しても良いのだ、と割り切ることでモチベーションが上がることもある

のです。



・・・あなたの望むものは、何でしょうか。



孤独を味わう。

  • 2017.07.01 Saturday
  • 18:25


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日から7月。

暑くはないが、梅雨特有の湿度がある。



1日だったので、近所の神社と事務所近くの日吉神社を参拝してから出社。

今朝は小雨が降っていて、このような時は境内の杜は静寂に包まれているものだ。

目を閉じて、静かに手を合わせる。



静かな時間が流れ、つかの間だが孤独を味わうことができる。



そして無心のまま孤独を味わっていると、ふとインスピレーションが湧くことが

あり、不思議だ。



膨大な情報量に目移りをして振り回されないようにしたい。

静謐な自然と調和することに、意識を向ける。



今日から今年も折り返し。

アジサイの花が見ごろを迎えていた。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM