管理物件の清掃業務。

  • 2016.08.27 Saturday
  • 17:15


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は涼しい一日だった。

冷房がなくても快適。




午後からは、賃貸マンションの退去立会いがあった。

もう10年近くご入居頂いていた借主様から鍵を受け取った。




ご入居中は、天井からの漏水事故があって駆け付けたり、家賃が振り込ま

れておらず連絡をしたりと、いろいろなことがあった。




新住所は岩手県とのこと。

日割賃料を現金で頂き、手書きの預かり書を渡す。

後日、領収書を郵送するのだ。




もし、また郡山へ戻ってくるときにお部屋が空いていたら、またどうですか、

と聞くと少し苦笑いをされていた。




岩手でも頑張ってください。




今日はこれから管理物件の清掃をして、直帰します。



チャイニーズレストラン みかど。

  • 2016.08.22 Monday
  • 14:51


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





今年の夏は、台風の当たり年なのだろうか。

強い台風9号が関東から上陸し、東日本を縦断するようなコースが予想

されている。

郡山市内も、この時間になって雨脚が強くなってきた。





さて、タイトルの件。

最近、「チャイニーズレストランみかど」へ足を運ぶことが頻繁だ。

週3日の頻度。我ながら、つくづく凝り性だと思う。





いつも注文するメニューは決まっていて、五目焼きそば大盛り(¥918円)

である。




きっかけは、どうしても五目焼きそばが食べたい日があって、しかしなが

ら、時間は午後14時を少しまわっていて、途方に暮れていた時にお店が目

に飛び込んできたのだった。




五目焼きそば大盛りは、銀色の大きな楕円形の皿(約50cm)に盛られて運

ばれてきた。たまごスープが付く。

さっそく、酢をかけて、あんと麺とカラシが絡むようによく混ぜる。

これは、ボリュームは120点だ。




具材は中国ハム、キャベツ、人参、たけのこ、きくらげ、豚肉、さやえん

どう、エビ、イカ、うずらの卵など。




食べてみると、軽くめまいを覚えるほどに味が決まっていた。

あんの甘辛さが、絶妙。

麺も硬すぎず、柔らかすぎずちょうど良い。

味は100点満点。




午後も休憩なしで営業中とのことで、時間を気にせずに完食することがで

きた。お客様が絶えず入ってきていて、五目焼きそばの注文が必ず入った。




夏の甲子園はもう終わってしまったが、このお店のテレビで高校野球を観

戦したものだった。





チャイニーズレストランみかどは、東部幹線沿い方八町にあり、4人掛け

ボックスが7卓。家庭的な雰囲気。定休日は木曜です。

五目焼きそば、普通盛りなら¥756円。




お昼時は混んでいるので、午後の遅い時間にお腹をすかせて、五目焼きそ

ば大盛りを注文するのがお勧めです。

至福の時が流れることでしょう。



水谷選手にオーラあり。

  • 2016.08.18 Thursday
  • 18:35


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




お盆休みも終わり、風が幾分涼しくなった。

今年の夏は、リオ五輪に高校野球と見どころがたくさんある。

特に卓球。





水谷選手を初めて見たときに、長身から繰り出すサーブがマジシャンの

ようで引き込まれた。ラリーの打ち合いもダイナミックで、卓球という

競技の面白さを知った。





この大会で、卓球用語もいくつか覚えた。

エッジボール、三球目攻撃、突っつき、チキータ、カットマンなど。





やはり見ていて面白いのは、ラリーの打ち合い。

お互いによく拾えるものである。

水谷選手も愛ちゃんも、常に攻めていた。時にオーバーすることがあっ

ても、常に攻めの姿勢を貫いた。そこが美しい。





真剣勝負では守りに入っては負け、なのだと思う。

常に勝負を仕掛ける攻めの姿勢は、見ていて清々しい。





愛ちゃんはメダルには届かなかったが、団体で銅メダル。

水谷選手率いる男子は、初のメダルを獲得。

団体で堂々の銀メダル。水谷選手は銅メダル。





日本ではこれから卓球ブームが巻き起こるのではないだろうか。

今回は、小さな卓球台から教わることがあった。





それは、攻める姿勢の大切さ。

勝負は、いつも一瞬で決まる。





感動を、ありがとうございました。

日本へ帰国したなら、大勢のファンから祝福を受けることでしょう。



明日からお盆休みです。

  • 2016.08.12 Friday
  • 14:39


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




お盆の帰省ラッシュが始まり、夏の甲子園では聖光学院が初戦を突破した。

夏休みモードであろうか、市内の道路も空いている。




明日からは、盆の入り。




弊社は8月13日(土)から8月16日(火)までの4日間を、お盆休みとさせて

頂きます。




今日は早めに上がり、お盆の準備をする予定です。



限りなく透明に近いブルーの朝。

  • 2016.08.05 Friday
  • 21:51


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日も暑い一日となった。

この週末が一年の中で暑さのピークとなるのであろう。




今宵の郡山市は、夏恒例のうねめ祭り。

楽しそうだが、今日はすっかり残業です。





さて、タイトルの件。

今朝は、早くに目が覚めてしまい、東の空を見ると夜明けが近いようだった。





しばらく眺めていると、地平線が薄いピンク色に染まってきて上空の藍色の

夜空とのコントラストが際立ってくるのだ。

時計の針は、4時40分。




その光と闇のコントラストの間に見える白い空。




光と闇を善と悪、神と魔と言えば大げさだろうか。

村上龍の芥川賞受賞作『限りなく透明に近いブルー』のラストには、主人公

のリュウが夜明けに草むらを走って、何度も転ぶシーンが描かれている。

そして、ポケットの中にあったガラスの欠片を、夜明けの空にかざす。




限りなく透明に近いブルーだ。美しい、自分もこのガラスのようになりたい

と思った、という世界観が素敵だ。




日々繰り返されるドラッグや乱交パーティーなど、自堕落に無軌道に生きて

いた主人公が、闇の世界から光の世界へ近づきつつある心の変化が、透明感

のある文章で表現されていた。




夜明けの空を眺めながら、昔、愛読していたことを思い出した。

それにしても、この限りなく透明に近いブルーは儚く、一瞬しか見ることが

できない。




水平線のピンクの色が濃くなるのを見ていると、これから訪れる吉兆を暗示

しているように勝手に考えていた。




夏の早朝。

少し早起きをして、夜明けの空を見てみませんか。

天気が良いと、美しい東の空が見れます。





今週末は、真夏のオープンハウスを開催します。

場所は、富久山町久保田の新築一戸建。




明日の朝刊の折込チラシに物件を掲載していますので、ご興味のある方は、

足をお運びください。



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM