『演歌の花道』。

  • 2016.12.01 Thursday
  • 18:28


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日から師走。

1日だったので、まずは近所の神社、事務所近くの日吉神社を参拝して

から出社した。




時折雨に降られたが、寒くはなかった。

境内のイチョウの葉もすっかり落ちてしまい、これから来る冬を予感

させる。




昭和回想録。其の2。




・・・『演歌の花道』。

これは、平成に入ってからもテレビ放送されていたので、厳密には昭和

だけに当てはまらないが、何といっても、あの独特の女性のナレーション

が昭和を感じさせるのだ。




そして、季節は冬が似合う。

いわゆる『小寒、大寒、熱燗』の季節がベストタイミング。




港町の波止場。

狭い路地の赤提灯、縄のれん。

そのようなセットから、例のナレーションが入る。




曰く『・・・・・こんな夜は、一段と・・夜風が・・・沁みるねぇ』。

歌手が歌い始める。




いつも遅い時間の放送だったにもかかわらず、ついつい引き込まれ最後まで、

観ていた記憶がある。




特に演歌が好きだったわけではなかったが、伝わってくる何かがあった。

今、あの方はどうされているのだろうか。



昭和という時代は、おおらかさと逞しさが同居していた。

次回は、昭和時代の洋楽について、投稿予定です。



あなたの知らない世界。

  • 2016.11.28 Monday
  • 14:08


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日の郡山は、小雨が降ったり晴れ間になったりと天気が目まぐるしく

変わる。




昭和回想録、其の1。




タイトルは、昭和の時代にテレビで放送されていた『2時のワイドショー』

のコーナーだった。

他に『納得いかないコーナー』もあった。




夏休みや冬休みの時期になると決まって、この『あなたの知らない世界』

のコーナーが組まれ、子供達をテレビの前に釘付けにしたものだった。




毎回、心霊研究家の新倉イワオ氏が解説者として出演していて、子供ごこ

ろに何故、イワオとカタカナなのだろうと、不思議に思っていたものだ。

しかしながら、氏の「これは・・・・」といった解説は、奇をてらったも

のではなく、抜群の安定感を醸し出していたように思う。




オープニングでは、断崖絶壁の荒れ狂う冬の海に雪が激しく舞う、といっ

た寂寥感を駆り立てる演出がなされ、やがて「それが・・あなたの知らな

い世界」というナレーションがエコー入りで入る。




視聴者から送られてきた実話をもとに、再現VTRで、名前を知らない

俳優さん達がドラマを演じるのも面白かった。




昭和のあの時代、ツッコミどころがいくつもあったように思われる。

でも、あからさまにツッコミを入れるということに誰しも抵抗があった。

そんな暗黙の了解のもと、みんながテレビを楽しんでいたように思う。

時代の鷹揚さがあった。





考えてみれば、小学生の男子はだいたいが半ズボンをはいて通学したも

のだった。なかには秋になっても半ズボンをはく硬派もいた。

あれはいったい、何だったのだろうか。





小学生の頃には、インベーダーゲームが流行り出し、当時は駄菓子屋の

店先に2台ほどのゲーム機が置いてあったものだ。

学校が終わると、同級生たちと駄菓子屋へ行き、たむろするのだった。





昭和の駄菓子屋は、僕らにとって貴重な場所だった。





当時の駄菓子屋はコーラ飴、すもも、パレード(クリームソーダ)、

酢イカ、ミニカステラ、それらの匂いに混じって、必ず家庭用洗剤の匂い

などもあったものだ。





駄菓子屋のおばさんは、いま生きていたらもう100才を超えているのでは

ないだろうか。

いろいろな経験をされてきたことだろう。





インベーダーゲームの上には太陽の眩しさで画面が見えにくいので、いつも

段ボール箱が置いてあった。





小学校の縄跳び大会を前日に控えたある日、駄菓子屋で青い縄跳びを勧められ、

「これなら3000回跳べる」と言われ、小遣いを全部はたいて買うこととし、家

へ帰ったら、「もったいない」と母親からこっぴどく叱られるという痛い目に

もあったが、縄跳び大会で1等を取ることができた。





今にして思えば、何で3000回なんだ!という感があるが、昭和の時代は、そん

なことはどうでもよかった。

人々の心がおおらかだった。




昭和回想録。

次回は、『演歌の花道』について投稿予定です。



郡山にも白鳥が飛来。

  • 2016.11.25 Friday
  • 17:46


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今朝は、事務所の前を流れる逢瀬川に白鳥の群れが飛来していた。

例年、1羽で飛来するケースが多いのだが、今年は賑やかだ。

東京の54年ぶりの積雪など、今年の冬はいつもと違うのかもしれない。




今日は、21:30よりラジオで『香山リカのココロの美容液』が楽しみ。

先日、応援メールを送信したのだった。

香山先生の話し方は、リスナーを癒しの境地に導いてくれるのだ。




連日の寒さ。

読者の皆さま、ご自愛ください。



10年前のこの日。

  • 2016.11.22 Tuesday
  • 19:01


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今朝、出社してみると花瓶が倒れてしまっていた。

神棚のお札も倒れていたが、そのぐらいで済んで良かった。

みなさんのところは、大丈夫でしたか。




今日は、査定書の作成や来週の決済の段取りなどで、事務所で過ごした。

小さな揺れが頻繁に起こっているが、心配してばかりいても始まらない。




晩秋とは思えない暖かさ。

暖房が要らない。

思えば10年前のこの日、語呂が良いので、会社の設立登記を行ったのだった。




明日から寒気が東日本へやってくるとのこと。

どうぞ、ご自愛ください。



応援者。

  • 2016.11.17 Thursday
  • 18:11


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




先週から風邪の諸症状と腰の痛みに襲われていたが、かなり改善されて

きた。

しかしながら今度は持病の足の痛みが・・・。




思うように動けずに、歯がゆい面もあるが、応援して下さる方々がいる。

困難なことや苦しみの先には、新たな舞台が用意されている。

そう信じて、今は構想を練るとき。




そして構想が決まれば、小さな一歩でも、まずは踏み出してみるのだ。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM