腸内フローラと玉ねぎの関係。

  • 2016.09.23 Friday
  • 18:51


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今週は、秋のお彼岸の時期で、今日は久しぶりの出社となった。

この時期は、お墓参りや親族と過ごす時間が多くあり、良い気分転換となる。

久しぶりに集まれば、いろいろな話があるものだ。




明日からは秋晴れとなり、日曜日の彼岸明けまで、お墓参りには恵まれた天候と

なりそう。




さて、タイトルの件。

昨晩のラジオは、アラフォー世代のからだの悩みがテーマで、特番があった。





健康診断では異常はなし。しかしながらあちこち痛い。

特に病気ではないが、何となく体がだるい。

何事も、やる気が起きない。

といった症状は、誰しも経験があるはず。これは面白そうだ。





副交感神経の高め方と免疫力アップという二本柱を専門家の先生を交えて、トーク

する番組だった。途中、ニュースと天気予報を30分間挟んでの放送。




副交感神経の場合は、身体を温めることがポイントとなるので、湯たんぽを使った

方法が紹介された。お腹を温めてください、とのこと。




長野県のリスナーから、湯たんぽは新聞紙3枚ぐらいで包んでから布へ入れると、保

温性がアップします、とのアドバイスもあった。





次に太ももの表側。

ここは全身の筋肉のなかでも多くの比重を占めるので、ここを温めれば、つま先まで

血行が良くなるのだそう。





腰、二の腕は裏側を温めると効果があるそう。

湯たんぽは、二つあると良いそうです。





免疫力を高めるには、腸内環境を整えることがとても大切だそうで、善玉菌を増やす

ことで、病気やストレスに強い身体となるそうです。





善玉菌を増やすにはオリゴ糖が、そのエサとなり(ちなみに腸内細菌は1.5kgほど

もあるそうです)、それには、玉ねぎが良いのです、と専門家の先生が話された。

何と、庶民的な。





玉ねぎはスライスをして、水に晒さないことがポイント。

水に晒すと植物繊維も水に溶けてしまうため。





玉ねぎスライスに塩をひとつまみ振って、お酢をかけて完成。

冷蔵庫で1週間ほど保存ができます、とのこと。





この酢玉ねぎ、簡単に出来そうでいいですね。

美味しいマリネができそう。





快感ホルモンもうつ病も、最近の研究結果では腸内環境が大きな影響を与えている、

という報告がなされているそうです。





酢玉ねぎ生活。

始めてみようかな、と思うのです。


運動会の思い出。

  • 2016.09.18 Sunday
  • 18:37


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は、雨の一日。

少し肌寒いのだった。




さて、タイトルの件。

先日、実家に帰ったときに古いアルバムをめくってみた。

懐かしい写真の中に、運動会の時の写真があり・・・。

あれは、確か小学4年生の運動会での1枚。





当時は児童も父兄も多く、校庭に各自広げたビニールシートには大勢

の人達がひしめき合っていた。

お袋は、まだ幼い弟を背中におんぶして、お弁当の準備をしていた。





おいなりさんと鳥の唐揚げ。

たまのご馳走だった。

正座をして頬張って食べていた自分が、そこにはいた。





思い出してみれば、昼食後にリレーで走ったのだった。

みんなは白いハイソックスを履いていて、カッコいいのだが、自分は

茶色の靴下を履いていて、少し恥ずかしかったのを憶えている。





1位でバトンを受けて、走った。

2位との差は僅かだった。





第2コーナーを回り、直線に入ったところでザッザッという砂を踏みし

める音が間近で聞こえてきて、抜かれた。

一番の見せ場で、父兄達の歓声も一段と大きくなっていて、前を行く

同級生の白いハイソックスが見えた。





ここからが本当の勝負、などとは子供の時は思いもしなかった。

ただ、受け取った時と同じように1位で上級生にバトンを渡さねば、と

いう思いだけがあった。




最終、第4コーナーでアウトコースからだったが、何とか追いつき、最

後の直線で抜き返した。

僅差ではあったが、同じように1位でバトンを渡すことができた。





あの日、走り終えた後、親から褒められたことが嬉しかった。





秋の夜長、古いアルバムを開いてみれば、そこには懐かしい思い出達が

待っているかも知れません。



秋の気配。

  • 2016.09.12 Monday
  • 18:41


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





ここ数日の間ですっかり秋の気配。

空気が、さわやかになってきている。





今日は午後から、中古住宅の契約が事務所であった。

今回は、共同仲介。

同業のHさんからは学ぶところが多い。





契約後、役所で調査。

その後、税務署での調査も行いたかったが、時間がなく明日へ持ち越し

となった。





明日は、土地の調査で猪苗代へ直行する予定です。



水風呂にミントオイルはいかが。

  • 2016.09.06 Tuesday
  • 17:30


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





今日も郡山は、残暑の厳しい一日となった。

9月のこの時期にきて、お盆の時期よりも暑く感じる。





そんな日中ではあったが、現場の写真撮影で市内を回った。

屋外で現場作業をされている職人さん達も大勢いた。





このような残暑の厳しい日は、ご自宅で水風呂はいかがですか。

ぬるめのお湯に身を浸し、水を足して徐々に水風呂にしてから、ミントの

エッセンシャルオイルを数滴。





心身ともにリフレッシュできることでしょう。

残暑厳しき折、ご自愛ください。



人生の3分の1の時間が睡眠とすれば。

  • 2016.09.02 Friday
  • 17:46


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





今日は午前中に買主様と銀行へ行き、住宅ローンの事前審査に同行した。

審査が無事、通ることを願うのだ。





さて、タイトルの件。

ここ最近、朝、それも夜明け前に目が覚めることが多くあり・・・。





明かりをつけて本を読むことも憚られ、暗がりの中でいろいろなことを考

えてみるのだった。




・・・こうして床で過ごす時間は、100%自分の為の時間なのだが、考えて

みれば8時間はある。つまり1日の3分の1の時間に相当する。





そう思うと、残りの3分の2の時間は、相手の為に使ってみた方がよいので

はないだろうか、とフト思った。

バランスが良さそうだ。





そのようなことを考えながら、普段の行動に移すと肩の力が抜けて、気持

ちに余裕が生まれる。





人生の3分の1の時間が睡眠だと考えるならば、どのような心理状態で床に

就くかも重要なことである。

心穏やかに床に就くには、やはり自分の持ち場の役割を全うして、目の前

の相手との調和を図ることであろう。





夜明け前の静かな時間は、夏虫の鳴き声がかすかに聞こえるだけ。

この時間は、様々な示唆を与えてくれる。





そして、東の空が朱く染まり、小鳥達のさえずりが賑やかになる頃、再び

眠りに就けるのが、今は楽しいのだ。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM