飛躍の年へ。

  • 2018.01.06 Saturday
  • 16:47


新年あけましておめでとうございます。代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



弊社は、今日から仕事始め。

まずは、例年恒例の日吉神社での新年のご祈祷を受けてから2018年の

業務がスタートした。



穏やかな始まり。



今年は、取り組んでみたいことが二つあります。

一つは、般若心経の写経。

二つ目は、話し方教室へ通うこと。



写経は、日々書き溜めておいて、ある枚数になったら、心願成就を込めて

護摩焚きを行いたい。



話し方は、一生の財産と思われますので、一度、基礎から学んでみたい。

そして、一人で朗読をする際の教科書としては、池波正太郎の真田太平記

はどうだろうか。全12巻まである。



今年はどのような一年になるのだろうか。

それを決めるのは、自分次第。

願わくば、大きく飛躍する一年にしたい、と思うのです。



そのためには今年は、今まで以上に自己を律し、この瞬間を集中して生きる。

そして、時を守り、場を清め、礼を尽くす。



明日の松の日には、門松を降ろし、如法寺の七日堂参りへ行きます。



このブログをご拝読頂いているすべての皆様のご多幸を祈りながら、今年最

初のブログとさせて頂きます。



今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。



師走のドライブ。

  • 2017.12.23 Saturday
  • 18:36


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は土曜日だったが、こんなことでは困るのだが、アポもなく、快晴の陽気

に誘われて、クルマを走らせたくなった。



師走のドライブ。



いわき市の飯野八幡宮を参拝して、新年のお神札を授かった後、阿武隈山地を

北上して、川内村を通り葛尾村へ。



葛尾村では、個人商店でカップ麺を食べる、というルートだった。



今を遡ること、20有余年前の、やはり師走に葛尾村の件の個人商店でカップ

麺を食べたことを思い出し・・・あの日も、やはり快晴の一日だったのだ。



いわきから川内村へ向かう途中、道を間違えてしまい、やたらと狭い山道を走

る、といったアクシデントもあったが、引き返して無事、川内村へ到着。



川内村は、震災前と変わらずコンビニもガソリンスタンドも営業していて、家

々には車が停まっていた。



葛尾村へ到着し、件の個人商店は営業しているか、少し心配だったが、それは

2年前の震災の日に来た時には、営業していなかったからであるが、ニュース

等で帰村が進んでいる、との情報もあり大丈夫だろうと思っていた。



はたして、その店は、駐車場入口に「来て」という観光用のノボリが立ててあ

り、店に明かりが点いていて、営業を再開していた。



店内には、おばあちゃんが幼子をおんぶして、店番をしていた。

久しぶりにカップ麺を手にし、お湯を頂けるか、訪ねてみる。

準備します、とのことでおばあちゃんは店の奥へ。



お湯を注いでもらい、昔と同じように、暮れなずむこの村の風景を眺めながら

、外に出てカップ麺を食べてみた。



高価なものではなかったが、感慨深いものがあった。

この20有余年の間に、本当にたくさんのことがあったものだ。



今日は、自分を見つめる師走のドライブだった。



西に黄色を実践。

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 17:30


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日から11月。

1日だったので、日課となっている神社への参拝を済ませてから出社。



先日の山吹色のフェルト生地を配した神棚。

イメージ通りの仕上がりとなった。

神様方も居心地が良いだろうか。



さて、プロ野球日本シリーズである。

頑張れ、ベイスターズ!

ツキを味方にして流れを引き寄せるのだ。



普段は、ファンではないが、ファイナルシリーズの広島戦で5回降雨に

よる敗戦から応援したくなった。

どうも腑に落ちない試合だったが、その後、敵地で4連勝して日本シリ

ーズ進出へ。



逆境をバネにして這い上がってきた。



ずっと敵地でのゲームばかりで、やっと昨晩から地元横浜スタジアムへ

戻ってきた。地元ファンの声援をバックに勝利を願ったが、競り負けて

しまった。



しかしながら、良い兆しは見えている。

ロペスにホームランが出た。筒香も打率4割台をキープしている。

若い選手が多いチームながら、謙虚なのも応援したくなる。



第2戦の敵地ヤフオクドームで梶谷がホームランを打った時、1塁ベース

を回る時に、彼は自身で小さく手を叩いていた。派手なガッツポーズなど

しない。



今夜のキーマンは、4番の筒香。

このシリーズではまだホームランを打っていないが、筒香がチャンスで1

本放てば、必ず大量点になり流れが変わる。



無論、彼も派手なガッツポーズなどせず、いつも通りダイヤモンドを駆け

巡るはず。



思い出すのは昔、掛布がホームランを打ち、1塁ベースへ走る時、いつも

投手に申し訳なさそうにヘルメッドを片手で抑え、少しうつむき加減で走

る姿がとても印象に残っていて、そんな掛布が大好きで、虎ファンになっ

たと言っても過言ではない。通算本塁打349本。



投手戦よりも派手な打ち合いに持ち込んだ方が、勝機がある。

若いチームは、大きな流れに乗ると実力以上のものが発揮できる時がある。



このシリーズ、何となくベイスターズにツキがない。

きっかけさえ掴めれば、きっと流れは大きく変わるはず。



過去においては、89年の巨人に代表されるように、近鉄に3連敗を喫して

から4連勝し逆転優勝したケースがある。



勝負は、これからである。



ラジオのある生活。

  • 2017.09.14 Thursday
  • 18:47


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



突然ですが、このブログをご覧の方で、ラジオを枕元に置いている方はおられる

でしょうか。



私は震災以降、常にラジオを枕元に置いています。

布団に入ると同時にラジオ。



暗がりのなかで、ボリュームを落として耳を傾ける時、心が落ち着くような気が

します。



夜は、NHKジャーナルからラジオ深夜便。

朝は、早く目が覚めた時は、深夜便4時台「明日への言葉」のコーナーを聞き、

エンディングテーマの真っ直ぐで優しい音色のトランペットに癒されながら、

浅い眠りに就きます。



月曜の夜は、「DJ日本史」から「クリス松村の音楽処方箋」へつながる流れと

、金曜の夜は「香山リカのココロの美容液」が個人的には好きです。



しかしながら、今の時期は、野球中継が延長されるケースが多く「香山リカのコ

コロの美容液」は、お休みになるケースがほとんどで、ファンはやきもきしてい

るのではないかと、思うのです。



明日は、放送されるだろうか。

今度、応援メールを送ろうと思うのです。



この夏の一冊。

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 14:03


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



台風5号が通過し温帯低気圧に変わり、また夏の暑さが戻ってきた。

夏の甲子園が始まり、もうすぐお盆を迎える季節。



今日の郡山市内は車が少なく、道路は空いていた。

夏休みのレジャーに出掛けているのだろうか。



夏季休暇は読書がいい。

和室に横になり、枕と団扇と文庫本。



今年の夏は、岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ』の一冊を選んだ。

角川ホラー文庫の短編小説4話。

『ぼっけえ、きょうてえ』とは、岡山の方言で『とても、怖い』の意。

暑い夏にはピッタリではないだろうか。



弊社は、8月10日(木)から8月16日(水)まで夏季休暇として

休業いたします。



最後になりましたが、残暑厳しい折、どうぞご自愛ください。



朝のラジオ体操。

  • 2017.07.31 Monday
  • 17:33


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は31日だったが、一日早く神社へ参拝に行き、事務所の神棚のお供え物

を交換し、掃除をした。



明日から月初の2連休を取るためです。



今日は久しぶりに晴れて、気温が上がった。

午後からは現場を回り、写真撮影を行った。



さて、タイトルの件。

朝の日課となっているラジオ体操。

今朝の【夏季巡回ラジオ体操 みんなの体操会】は茨城県日立市からの生放送。



日立市の人口は18万人で、ラジオ体操創始者の出身地であるとのこと。

会場には2500人が集まった。



ラジオ体操の歌から始まって、ピアノの伴奏に合わせて体操をすると時間があっ

という間に過ぎてゆく。

そして一日のリズムが整い、普段通りの朝がスタートするのです。



とりのこさんしょうじんじゃ。

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 13:30


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は水曜日で、本来であれば定休日なのだが、取引先の方とのアポがあり

出社となった。



ちょうど一週間前のこの日に、栃木県と茨城県の県境にあるパワースポットを

訪ねたのだった。



鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)。最近、メディアで取り上げら

れることが多く、平日の午前中にもかかわらず参拝者は多かった。



手前の駐車場は満車で、誘導員の指示により、少し離れた第三駐車場にかろう

じて駐車をすることができた。



高額の宝くじに当選をしたとか、願い事が叶ったといった声が多く、ホームペ

ージの中に斎藤一人さんの名前もあったので、少し興味を惹かれたのだった。



郡山から向かうので、途中の大田原で宿を手配することとし、今回は前泊した。



翌日、宿の大広間で朝食を食べていると、NHK「ひよっこ」の放送がちょう

ど始まった。

毎朝このドラマを観ていて、いつもと同じリズム。

身を置いている場所は違うが・・・。これも小旅行の楽しみ。



9:00に宿を出発してR294からR293へ。

それから県道へ。目的地に向けてクルマを走らせた。



茨城県に入ってすぐの看板を左折して山道へ。

道路が狭く、森の中を走って行く。

10:00前には神社へ到着。



鷲子山上神社はフクロウが有名で、災難を取り去り、福を招くといったご利益

があるらしい。



境内は広く、山全体がパワースポット。

確かに植物や木々が生き生きとしている。



大きなフクロウのモニュメントには願い事が叶う柱があり、三回柱を叩いて、抱

き抱えたりしたのだった。

また、願い事を書いた手紙をフクロウのポストへ投函などもした。



参拝者は30代〜40代の女性二人組が多かった。

クルマのナンバーは首都圏が多かった。



その後、本殿へ移動をして参拝。

参拝後、遠くの景色を見ようとしたところ、手前の榊の葉に目が釘付けとなった。

何と大きく、ツヤツヤとした榊の葉であろうか!



境内には至る所に榊やハーブが植えられていて、どれもツヤがあり生き生きとし

ていた。



本殿の後ろ手が特にパワースポットと言われていたので、深呼吸。

それからハイキングコースを歩いた。



1周して、売店へ足を運んだり、茶屋の様子を見ていたりしていた。

参拝客が賑わってきていた。



茶屋では店先で、金運だんごを炭火で焼いていた。

黄色い串だんごで、甘辛味噌が塗ってあり、炭火の匂いと味噌が少しだけ焦げる

香ばしい香りと、初詣の神社にあるような楽曲が組み合わさって、小腹が空いた

こともあり、注文することにした。



茶屋で腰掛けて食べた金運だんご。

ほのかに甘く、美味。

少し焦げた香りも良かった。



きっと大きな幸運が訪れると思った。

そして、そのためには厄落としのようなものもあるだろうと、思った。



帰路は、「ひよっこ」の舞台となった北茨城経由でクルマを走らせた。

常陸大子(ひたちだいご)へ抜ける途中の景色は、「ひよっこ」の原風景そのまま

の雰囲気があった。



途中、常陸大子の道の駅で休憩をした。

ここの道の駅は2階に温泉があるらしい。



道の駅から出口の信号機は赤。絵にかいたような三方路。

標識を見ると、真っ直ぐ行けば栃木、左へ行けば水戸、右へ行けば福島。

北茨城は、栃木も福島も思ったより近かった。



帰路は右へ行き、R118号を北上し、つかの間の小旅行は終わったのだった。


明日からお盆休みです。

  • 2016.08.12 Friday
  • 14:39


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




お盆の帰省ラッシュが始まり、夏の甲子園では聖光学院が初戦を突破した。

夏休みモードであろうか、市内の道路も空いている。




明日からは、盆の入り。




弊社は8月13日(土)から8月16日(火)までの4日間を、お盆休みとさせて

頂きます。




今日は早めに上がり、お盆の準備をする予定です。



カレーライスの思い出。

  • 2016.05.16 Monday
  • 16:52


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





風薫る、さわやかな季節を迎えている。





今日の昼食は、郡山市役所1階の食堂「花かつみ」でカツカレー大盛りを注文。

サラダ付きで¥670円。味、ボリュームともに申し分ないのだ。

さらに、この社内食堂もしくは学食のような雰囲気が好きなのだ。





昼食にカレーライスを食べると、学生時代にバイト先のまかないでよく食べて

いたカレーの味を思い出す。

店長が生卵を一つ、トッピングしてくれたカレーライスだ。





デパートのレストラン街。

当時は、カフェバーなる飲食店が流行っていて、昼の時間にバイトをした。

映画館が同じフロアに併設されていて、週末は特に賑わった。





仕事がひと段落した頃に、まかないが出された。

社員専用の薄暗い非常階段で一人腰掛けて食べるカレーも、なかなか美味しい

ものだった。何しろ、いつも空腹だったような記憶がある。当時は、別のバイ

トも掛け持ちしていて、移動手段は自転車。今考えれば懐かしい思い出である。




今週は休みなしのパターンだが、それでも良いのだ。

一年で一番いい季節なのだから。



西会津の大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)

  • 2016.05.09 Monday
  • 18:51


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日から普段の生活に戻った方も多いと思います。

今年のGWはいかがだったでしょうか。




私は、今年も西会津の大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)を参拝。

御本社までは片道4キロ。緩やかな上り坂が続き、最後に202段の石段がある。

3年続けて参拝をすれば、どんな願いでも聞いて下さる、ということで有名な

神社だ。




去年も5月に参拝をしたが、この季節の必需品は熊除けの鈴と虫よけスプレー、

タオルと水。




途中のベンチで休憩を取りながら、無心で歩いた。

参拝客も多く、すれ違う際に挨拶を交わす。




樹齢400年の杉並木の小径。

深呼吸。




御本社の手水舎からはコンコンと清水が湧き出ていて、冷たいその水で顔を

洗ってノドを潤すと、生き返ったような気がした。




御本社は空気が澄んでいた。

宮司様が一人でいらっしゃっていたので、お札を一体頂いた。




帰り道では汗を一切かかなかった。4キロも歩いたのに不思議。

来る途中で、浄化されたのだろうか。

心身ともに軽くなり、パワーが漲ってくる。

まさしくパワースポットであった。




さて、話題はガラッと変わりワイドスパン。

マンション購入の際の参考に。




ワイドスパンとは、バルコニーに面した長さで、一般的には8m以上あれば

該当します。

理想的なのは、縦長の間取よりも横長の間取。




それは何故か。

例えば、登山をしていて、途中で急に視界が開けたら、開放感と広さを感じ

るでしょう。それと同じなのです。




同じ72屬離泪鵐轡腑鵑任癲⊇弔12mで横が6mよりも、縦が6mで横が12m

の間取の方がとても広く見える。奥に行くにしたがって広さを感じる効果が

あることから(奥にはリビングがあり大きな開口部がありますね)、業界で

はワイドスパンマジックと呼ばれます。




マンション購入の際には、ワイドスパンの物件がお勧めですが、流通数が少

ないのがネックです。それはマンション供給業者の思惑からすればワイドで

売り出したら、販売戸数が少なくなってしまい、事業として採算を考えると

?となってしまうからでしょう。




なお、中古物件でもワイドの物件が、少ないですが流通することがあり、成

約期間も早期のケースがほとんどです。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM