平成回顧シリーズ 平成2年編。

  • 2019.02.21 Thursday
  • 18:52


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうござい

ます。



2月は時の流れが早く感じる。

今日は一日、事務処理に時間を充てた。



さて、タイトルの件。

平成2年。この年はバブル絶頂期だったのだが、個人的には

人生の暗黒期だったように思う。



若い時にありがちな苦悩と一人暮らしの甘えから、すっかり

引きこもってしまった。昼夜逆転する生活が日常化し、人の

視線がとても気になっていた。



指先が震えるのを人に見られるのが恥ずかしく、外に出るの

が億劫だった。



書痙(しょけい)という神経症の症状が出ていた。

自律訓練法の本を読んでみたり、ヨガなど実践してみたが、

どれも長続きしなかった。



床屋へも行かなかったから、髪が長くなった。

当時は、とても痩せていた。



もうかれこれ3日間ぐらい何も食べなかった時もあった。

大学の友人が、心配してアパートを訪ねて来てくれたこと

があった。



あの時、友人が買ってきてくれたメンチカツで命がつなげ

たような気がした。



この年の暮れになってくると、徐々に体調が良くなってき

たので、警備会社でアルバイトを始めた。

道路工事現場で旗を振っていたのだった。



ある日、休憩をしている作業員の一人に祖父そっくりな人

物がいるのに気付いた。

冬晴れの陽ざしを受けて、とてもいい表情をしていた。



その翌日、母方の祖父が亡くなったとの連絡があった。

突然の出来事だった。

あれは、きっと祖父が会いに来てくれたのだろうと思った。



後にも先にも、このような不思議な現象はなかった。


次回は平成3年編を投稿予定です。

平成回顧シリーズ 平成元年編。

  • 2019.02.18 Monday
  • 18:32


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうござい

ます。



今日は午前中に調査。

昼食は、久しぶりに郡山市役所食堂へ。12時を少し回った時間

だったので、食堂内は混んでいてテーブルは相席覚悟。



食券売り場で、いつものポークカレーかカツカレーで迷っていた

ら、ビーフカレーも発見。今まであったかな、今年からの新メニ

ューだろうか、躊躇なくビーフカレーの食券を購入した。



大盛り、サラダ付きで¥670円。

カレールーがお皿からはみ出してしまいそうな大盛り感。

じっくり煮込んだであろう牛スジがいい味。



カレーライスは、家庭で食べるようなオーソドックスな味が一番

しっくりくる。



さて、タイトルの件。

平成を振り返るシリーズ。今回は平成元年編。



この年、初めて上京したのだった。

6帖一間のアパートを借りて、隣には大家さんが住んでいて、大家

さんの息子さんは同い年ぐらいで。



雨の日も風の日も自転車で移動をしていた、あの頃。

大家さんの息子さんは、初心者マークを貼った黒い新車のBMWに

乗っていた。



上京して初めて、格差というものを目の当たりにした出来事だった。

それまで、いかに親の庇護の下、暮らしていたか、少しだけ理解で

きた。



当時のアパートは、共用廊下に洗濯機を置いていたが、自分の場所に

だけ洗濯機がなく(手洗いをしていた)、ある日、大家さんから全自

動洗濯機を買ったから、二層式の洗濯機をあげる、と言われ・・。



情けなかったが、その提案を受け入れることにした。

季節は初夏で、手洗いも大変になって来ていた。



その後も、大家さんからベットをあげる、とか・・色々ありました。


木造2階建て6世帯の少々古いアパート。

名前はチェリーハイツ。

今はもうない。いろいろな思い出が詰まった部屋でした。



次回は、平成2年編を投稿予定です。

春の風が吹いた。

  • 2019.02.07 Thursday
  • 17:52


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は快晴だったので、現場を回って写真撮影を行った。

空気が暖かく、春の風を感じた。




三寒四温で、また明日からは寒気が戻るそう。

寒暖差がありますので、どうぞご自愛ください。




本格的な春の風に吹かれたら、きっと優しい気持ちになれることでしょう。

そうなれるように、地道な作業は、明日も続きます。

春の匂いがした。

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 18:49


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は陽ざしが降り注ぎ、暖かい一日。

5日だったので賃貸管理精算書の発送、賃料の送金業務などがあった。



午後からは、現場の写真撮影へ。

マンションの12階のバルコニーへ出てみると、室外も暖かい。

空気は、春の匂いがした。



立春を過ぎ、季節は変わろうとしている。

やがて来る本格的な春の到来が待ち遠しい。



春の匂い、もう感じましたか。

強風が吹いた2月初日。

  • 2019.02.01 Friday
  • 18:52


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日から2月がスタートした。

まずは神社へ向かい、参拝を済ませ、事務所の神棚のお供え物を交換した。



ひと通り終えてから、観葉植物に霧吹きで葉水をして、水もたっぷりと与える。

植物は、当然だが、好きな場所へ自ら移動ができない。

だからこそ、ひとの手で手塩にかけて育ててあげたい、と思う。

植物はモノを言わないが、葉の色やツヤ、張りで表現をしてくれる。それは正直だ。



今日の熱海は、少し怖いぐらいの強風が吹き荒れた。

湯の街通りを歩く人達も、フードを手で押さえたり、少し前かがみになって歩いてい

たりしていた。



この強風の後、多くの幸運な出来事が訪れることに期待したい。

否、そうなりそうな予感がする。

今が寒さのピーク。

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 19:26


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



昨日、暖かかった分、今日の寒風は身に凍みた。

立春までのここ数日間が、寒さのピークであろう。

今は、乗り切るしかない。



やがて暖かい春が訪れよう。

今年は、春が待ち遠しい。



もう少しの辛抱である。


一粒万倍日。

  • 2018.12.21 Friday
  • 19:15


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は午前中から奉賛会活動があり、新年の注連縄作りに参加をした。

湯泉神社に来年一年間飾られる注連縄だ。




藁に触れる機会も普段は無いうえ、手作業で注連縄を作ることは初めての

体験だったので新鮮だった。




一粒万倍日は、善い行いが大きく返ってくるそうで、悪い行いもまた然り。

今日は、そんなことを思いながら一日を過ごした。




カレンダーを見ると、明日も一粒万倍日です。


11月終了。

  • 2018.11.30 Friday
  • 18:26


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は午後から中古マンションの残金取引が1件。

取引終了後、売主様を郡山駅までクルマでお送りした。




その後、開成山大神宮へ移動し、神主様をお迎えに行き、今回、購入したマンション

でご祈祷を執り行って頂いた。




一昨日の夜から風邪を引いてしまったらしく、今年の風邪は鼻からくるようだ。




公私ともに色々なことがあった11月。

普段は、体調を崩すことは滅多にないが、今月は体調を崩してダウンしたことが

2回もあった。




まだこれくらいのことで済んだと、前向きに捉えることとし、明日からの師走に

望みます。


事務所神棚。

  • 2018.11.16 Friday
  • 18:03


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は午後から土地の残金取引が1件。

最後まで良い雰囲気のまま、取引は無事、終了した。



その後、法務局で調査、開成山大神宮の社務所でご祈祷の予約を済ませ、

新しい社名での宅地建物取引業者免許証ができたとの連絡を受け、合同

庁舎へ。



旧社名の免許証を返納し、新しい免許証を受け取った。

これで名実ともに新体制が整ったように感じた。



宅地建物取引業者免許証の正面には、神棚をお祀りしている。

神棚の下には鏡を置き、左右にシュロチクを配置している。

天井が高い為、これから迎える冬の季節は寒いであろうが、神棚との距離が

近すぎず遠すぎない、程よいこの距離を、とても気に入っているのです。



磐梯山 秋。

  • 2018.10.29 Monday
  • 17:45


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は午前中に中古マンションの契約が1件。

今回も、良い取引となった。



今日の熱海は風が強く、夕方からは寒くなったきたので暖房を焚いた。

昔ながらのダルマストーブ。

少し埃をかぶっていたので、磨いてみた。

オレンジ色に揺れる炎は見ていて飽きない。アナログだ。

電気を使わないので、すぐに暖まるのだった。



さて、タイトルの件。

昨日は紅葉を見ようと裏磐梯へ。

向かう途中の、母成グリーンラインの紅葉が見頃だった。

裏磐梯は五色沼周辺が混んでいた。

磐梯山ゴールドラインから見た磐梯山の山頂。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM