春酔歌(しゅんすいか)。

  • 2018.12.10 Monday
  • 18:10


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




先週末からの寒波で、今シーズン本格的に雪が降った。

道路には雪はないものの、日陰には雪が少し残っている。




今日、月曜日の夜は、ラジオ福島が面白い。

19時からは、カガちゃんのミュージックカフェ。

21時からは、熊木杏里の夢のある喫茶店。

そして、21時20分からは、福島みんなのうた。




福島みんなのうたの、癒されるオープニング曲が好きだ。

毎回、地元のミュージシャンの楽曲が2曲ほど流れる。




タイトルの春酔歌は、好きな曲のひとつ。

会津坂下町を舞台にした、オリジナル曲。

今日は、流れるだろうか。




一度、耳にすると気になる曲です。






ラジオNIKKEI第1。

  • 2018.07.02 Monday
  • 16:29


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日の郡山市内も気温が上がった。

熱風が吹いていて、汗が止まらない。



昨日は神社の参拝ができなかったので、午前中に足を運んだ。

歩き出すと汗が出る。ハンカチが手放せない。



先週末から続く高温注意情報。

体力が消耗される。



このような時は、酢のものがいい。

タウリンを含む酢だこ、いかがでしょうか。



さて、タイトルの件。

先日、スマホにした際にラジコプレミアムにも登録をした。



迷惑メールの多さには辟易するものだが、ラジコには以前から興味

があった。全国のラジオ番組がエリアフリーで聴けるのだ。

過去の番組もタイムフリーで聴くことができる。音質も良い。




阪神戦を中継しているABCラジオを聴くことが主な目的ではあったが、

昨日の夜は、試しにラジオNIKKEI第1を聴いてみると、これが大当たり。

センスのいい洋楽が流れてくる番組があった。

余計なトークがなく、大人の鑑賞にはピッタリだ。



このようなメディアもあったのだ、と思い知らされることとなった。

少し落ち着いた時間を過ごしたい時など、聴いてみてはいかがでしょうか。



アイスランド強し。

  • 2018.06.18 Monday
  • 18:06


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



昨日から続く地震。

群馬で、北海道で、今朝は大阪で。

今、日本列島に何が起きているのか。

さらなる被害が起こらないことを切に望む。



自然の象意は、時の政権の象意に現れることがあるという。



我々ひとりひとりが、一枚岩の意識をもって、大難は小難に、小難は無難

に済ませられるように考えたいもの。



さて、タイトルの件は、ワールドカップロシア大会。

世界のエースストライカー、メッシ率いるアルゼンチンの初戦を観た。

相手は、初出場のアイスランド。人口35万人の雪に閉ざされる小さな国。



アルゼンチンの圧勝を観たくて、楽しみにしていたのだが、アイスランド

のチームは思っていたよりも強かった。



ボール支配率はアルゼンチンが76%。

アルゼンチンの攻撃をアイスランドの守備は一枚岩で耐えた。

メッシには二人掛かりでマークし、気迫というか魂を感じた。



特にゴールキーパーが良かった。

メッシのペナルティキックを、横へ飛んで止めた。

気迫が漲っていた。



優勝候補にも挙げられるアルゼンチン相手に1−1の引き分けで勝ち点1を

挙げた。



寒い国、アイスランド。

実は、とても熱いハートがあった。

そしてスピードも兼ね備えている強いチームだ。



今回の大会、日本代表は残念ながら大敗を期すであろう。

理由は明確。

選手にも、特に監督にもオーラが感じられないからだ。



世界には、強いオーラを感じるチームがいくつもある。



「鬼畜」。

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 16:33


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は15日だったので、神社への参拝を済ませてから出社した。

午前中は抜けるような青空で、日吉神社の境内の木々には野鳥のさえずりがこだま

していて、この場所は、まさに野鳥の楽園といった様相を呈していた。



秋の風景、いろいろとありますが・・・。

青空に燃えるような紅葉の赤、イチョウの黄色はどうでしょうか。



日吉神社の木々の葉も、その大半が落ち葉となり、今あるのは紅葉とイチョウの葉

の一部を残すのみとなった。



さて、タイトルの件。

「鬼畜」は1978年(昭和53年)10月7日に上映された日本映画。

原作は松本清張。主演は緒形拳、岩下志麻。



最近、この映画が気になって仕方がない。

昔、見た記憶があるが、今日はじっくりと観てみたいと思うのです。

人間の持つ狂気、昭和の時代のあの雰囲気。



当時、主演男優賞を受賞した緒形拳の演技も観てみたい。



そして、生き残ったお兄ちゃんが、当時の私の年齢と重なることも興味を

覚える大きな要素の一つです。



日本シリーズ第5戦。

  • 2017.11.02 Thursday
  • 17:08


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は寒気が抜けて、穏やかな一日。



さて、タイトルの件。

昨晩はベイスターズがこのシリーズで初めて勝利した。

このシリーズの流れを掴んだ。



1番の桑原にようやく当たりが出てきたのが大きい。

彼が塁に出れば、ロペス、筒香、宮のクリーンナップで1発が期待できる。

今日が、地元横浜スタジアムでの最後の試合。



王手を掛けられているので、もう1敗もできない。

まさに崖っぷちであるが、このような大舞台で選手たちはますます輝く。



頑張れ、ベイスターズ。

ハマの誇る左打者、梶谷、乙坂そして筒香。

大暴れをしてほしい。



乱打戦に持ち込んで、打ち勝てベイスターズ!



ステイ・チューン。

  • 2017.02.05 Sunday
  • 14:23


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は午前中から市内の金融機関を回った。

土日でもローンプラザだけは、通常営業をしており、住宅ローン相談

を受け付けている。




ローン担当者の予定が立て込んでいる場合があるため、飛び込みでは

なく、事前のアポ取りが基本である。




さて、タイトルの件、ステイ・チューン。

ホンダヴェゼルのCMで流れていて、これはカッコいいと感じた。




神奈川出身の6人組バンド『サチモス』。

23歳というから若いバンドだが、日本のバンドレベルも、ついにここ

まで来たか、というぐらいセンス良く、完成度がとても高い。




今後、日本のバンド界において、大きな影響力を与える存在となりそう

である。



N響アワーとトランプ現象。

  • 2017.01.29 Sunday
  • 19:29


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日の郡山は曇っていたものの、寒さを感じず、コートが要らない

のだった。現場見学会は、10:00スタート。




現場では革靴ではなくゴム長靴が重宝する。

開始時刻と同時に、来場予約のお客様が来場。




14:00からは移動をし、別の現場での案内もあった。

17:00からは土地の購入打合せが事務所であった。




久しぶりに遊んだ。

ここで言う『遊び』とは、時間を忘れるぐらいに楽しんで仕事をす

ること。




さて、タイトルの件。

日曜の夜は、『N響アワー』。

優雅な時間が流れること請け合いである。




NHKホールでは、定期演奏会の模様を放送していて、オープニング

は、たくさんの拍手から番組が始まる。

指揮者のゆっくりとした動きから、静かに演奏が始まり、やがて一斉

に楽器が奏でるメロディは、聴衆を引き込む。




いつも思うのは、この演奏をされている方達は、今までどのぐらいの

時間、練習に費やしてきたのだろう、とか、ピカピカに磨かれた楽器

(特にバイオリン)を造る職人さん達は、どれぐらいの修行をされて

きたのだろう、といったことである。




だからこそ、観ていると優雅な時間が流れるのだと思う。

観客の方達も、たまに映るが、驚いたのは上品そうな方達ばかりでは

ないか。




トランプ大統領が就任して、まもなく10日。

ホワイトハウスでの就任式には100万人の観衆が集まったとのこと

で映像で見たが、N響の観客の方達と同じ雰囲気を感じたのだった。




今のラップ、ヒップホップ全盛の音楽シーンと、歴史あるオーケスト

ラの対比がそのまま民族間の対比として、二重写しのように映った。




自由の国、アメリカ。

でもその陰で、物言わなかった中間層が今までずっと耐え忍んできた

のではないだろうか。

その反動が、今回の選挙結果となって一気に表れたのでは、と思う。




毎年のように起こる銃乱射事件、警官による暴行。

実際には、とても根深い民族問題があるのであろう。




やはり、人類の意識の進化が求められる時代なのだ。

それなくして民族間の紛争は解決しないであろう。




最近、進化のスピードが早まってきているように感じる。

それは昨年の流行語大賞、『神ってる』や『神対応』といった表現に、

意識の進化を垣間見れることが出来るようになってきているからだ。




N響アワーのような世界観は、まさに神業。

今宵も、もうすぐオンエアの時間です。



水谷選手にオーラあり。

  • 2016.08.18 Thursday
  • 18:35


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




お盆休みも終わり、風が幾分涼しくなった。

今年の夏は、リオ五輪に高校野球と見どころがたくさんある。

特に卓球。





水谷選手を初めて見たときに、長身から繰り出すサーブがマジシャンの

ようで引き込まれた。ラリーの打ち合いもダイナミックで、卓球という

競技の面白さを知った。





この大会で、卓球用語もいくつか覚えた。

エッジボール、三球目攻撃、突っつき、チキータ、カットマンなど。





やはり見ていて面白いのは、ラリーの打ち合い。

お互いによく拾えるものである。

水谷選手も愛ちゃんも、常に攻めていた。時にオーバーすることがあっ

ても、常に攻めの姿勢を貫いた。そこが美しい。





真剣勝負では守りに入っては負け、なのだと思う。

常に勝負を仕掛ける攻めの姿勢は、見ていて清々しい。





愛ちゃんはメダルには届かなかったが、団体で銅メダル。

水谷選手率いる男子は、初のメダルを獲得。

団体で堂々の銀メダル。水谷選手は銅メダル。





日本ではこれから卓球ブームが巻き起こるのではないだろうか。

今回は、小さな卓球台から教わることがあった。





それは、攻める姿勢の大切さ。

勝負は、いつも一瞬で決まる。





感動を、ありがとうございました。

日本へ帰国したなら、大勢のファンから祝福を受けることでしょう。



香山リカのココロの美容液2時間スペシャル。

  • 2015.12.12 Saturday
  • 18:18


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





師走なのだが、小春日和。

今年の冬は本当に暖かい。





午前中はチラシの問合せが数件入った。

先週から少しずつ物件の動きが出てきている。

午後からは新築現場の問合せ案内の設営を行った。





さて、タイトルの件。

昨晩の放送によれば、2週間後の12月25日(金)に2時間スペシャル行うと、

香山先生がおっしゃっていたのだ。





8時5分から途中ニュースを挟んで9時55分までの生放送、とのこと。

これは、今から楽しみだ。

真剣に応援メールを送ろうかな。ラジオネームは、何がいいかな。






話し方に人柄がにじみ出ているのだ。

理知的で通る声だが、繊細で温かみがあって。

ずっと続いて欲しい番組の一つなのです。




ナイル・ロジャースのカッティングギター。

  • 2015.11.19 Thursday
  • 19:05


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。





11月も半ばを過ぎたが、今年は寒くならない。

今日も暖かい一日だった。





今日も午後から事務処理に時間を充てた。

水面下での作業が続く。

これらの作業が一気に花開いてくるのは、12月初旬。

それまで地道に黙々と業務を遂行するのだ。





さて、タイトルの件。

最近、クルマの中でホイットニー・ヒューストンをよく聴く。

やはり偉大な歌手だったと思う。





もう30年も前の楽曲、そよ風の贈り物。

ナイル・ロジャースがプロデュースした作品だ。

とても完成度が高い。





例えれば・・・。

次々と新しい扉が開き、その扉の向こうには爽やかな浜風と水平線が広がる

ようなイメージ。扉を開けてゆくのは主人公のホイットニーだ。

タイミング良く扉が開いていく仕掛けのひとつに、ナイル・ロジャースの

カッティングギターの音色も加わる。





その音色は乾いた、キレのある、カットされた、しかも何となく能天気な高音

で、コキコキといった感じだ。

これがサビの部分で控えめに加わってくる。これが、心地良いのだ。

女性コーラス、ゆったりとしたリズム、ベース、シンセサイザー、カッティン

グギターが織りなす海辺のそよ風

が感じられる一曲。





この曲を聴いていると、次々と新しい扉が開いてゆくように曲調がアレンジさ

れていることに重ねて、今の自分の、この地道な作業の繰り返しが、やがて次々

と新しい扉を開けてゆくと想像させるのだ。





今日はもう少し残業をしてから、上がります。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM