脳内麻薬。

  • 2018.05.28 Monday
  • 18:13


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今朝は、4時半に目を覚ましラジオ深夜便をボリュームを低くして聴いた。

4時台は、明日への言葉のコーナーで、ためになる話が聴けることがある。



今朝は、芥川龍之介の作品についてのお話で、死期が近づくとそれまで気付かな

かった、緑の木々や木洩れ日の美しさに感動を覚える、といった内容だった。

見え方がまるで違ってくるらしい。



病院には、たいてい緑があるが、あれはとても大切なものらしい。

脳内麻薬というキーワードで、解説な方が上手に表現をしていた。



このラジオ深夜便は、23:15から始まって、翌朝5:00までの生放送。

オープニング曲も好きで、全国200万人の深夜便リスナーの皆様、こんばんは。

今宵もゆったりとお聴きください。それでは、ラジオ深夜便スタートです。とい

ったナレーションが入る時もある。



でも、一番好きなのは、エンディングテーマ曲なのだ。

朝もやのなかを、トランペットの真っすぐな音色が、夜明けを感じさせる。



それを聴いてから、洗顔を済ませ、写経を始める。

皐月五月。

今が1年で最も良い季節である。



早起きでリズムを。

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 18:15


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日の郡山市内は気温が上がった。

それを見越して、今朝も5時に起きて洗顔を済ませ、墨を擦って写経を行った。

6:30からはラジオ体操。



ラジオリスナーからのお便りで、ラジオ体操の歌の間に、大屈伸を23回行った

方がいたそうで、挑戦したが26回だった。目標としていた30回には届かなか

った。



30回の大屈伸で効果的な有酸素運動ができるらしいのだが・・・。



体操後、再び写経用紙に向かう。

朝の光が、書いたばかりの墨の文字を照らすのが好きだ。



今日は、15日でもあったので、神社への参拝も行った。

この2週間でアジサイの葉が大きく茂っていて驚いた。

今日は4社回った。




午前中に、賃貸の契約が1件。

その後、神棚のお供え物を交換した。



午後からは、2週間に1度ある売却活動報告書の作成、発送。

夕方、ふっとひと息付けた。

幾分、涼しくなってきた。



明日は、30回できるだろうか。

早起きで、一日のリズムを整えつつ、明日も出社となります。



理想的な休日。

  • 2018.03.08 Thursday
  • 18:17


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

久しぶりにブログを更新します。



今日の郡山市内は、朝から雨。

寒さも一段落して、あと10日もすれば春の彼岸の入りを迎える。



休日の過ごし方として、最近パターン化しているのは、朝早く起きて顔を洗い、

写経を始める。

朝食後は、ラジオを聞きながら、午前中いっぱい写経を続ける。



昼食後は、食後の散歩に出掛け、ラジオを聞きながら写経を再開する。



夕方近くになって、気分転換に読書をする。この時の読書は、中上健次氏の芥川

賞受賞作「岬」など、パンチの効いた作品が良い。

朗読をする時もある。

紀州弁や名古屋弁のセリフは、東北弁と違って迫力がある。



読書の時間を終えると、夕食の支度にとりかかる。

カレーを作る。



玉ねぎ、人参、じゃがいもといった具をふんだんに入れる。

ニンニク、ショウガも少し入れる。

そして豚バラ肉、ツナ缶、スイートコーン缶。



カレールーを入れて煮込み、仕上げにトマトケチャップを少し加える。

ノドが渇いてきたので、冷蔵庫から缶ビールを1缶だけ飲む。



それから近くの銭湯へ行き、さっぱりしてから夕食。



21時ぐらいから再び写経を始める。

日付が変わる頃まで続けて、1日で15枚書き上げることができた。

これが、今まで一番多い枚数。

これ以上となると、雑になるのが目に見えているのでやらない。



楽しみながら続けてゆきたい趣味。

元手が掛からない。

無になれる感じが、します。



菩提心とは。

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 18:22


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は、午前中のうちに月末の各種支払いを済ませ、昼食用にパスタやパスタソース

を数種類購入し、給湯室でパスタを茹でるのであった。



最近、気になっていること。

それは菩提心。



先日読んだ、『マンガで読む般若心経』の内容によれば、主人公が三途の川のほとり

に佇み様子を見ていると、向こう岸まで泳げずに溺れてしまう人もいれば、ラクラク

と渡り切って笑顔でいる人、溺れはしないが苦しそうに泳いでいる人などがいた。



そのなかで、主人公は、溺れはしないが苦しそうに泳いでいる人に興味を持つ。



どうして、あの人は苦しそうにしているのですか、と仙人に尋ねると、仙人曰く、

あの人は、特別、悪いことをした訳ではないが、他人の幸せを願うという菩提心に欠

けていたからだ、と答えたのだった。



他人に迷惑をかけていないから別にいいのではないか、あるいは、法律的に問題ない、

といった考え方は、菩提心に欠けている。

それらは、素晴らしいものでもなければ、褒められたことでもないが、時代の流れが

正当化しているように感じている。



個人的なわがままを法で規制するのも、ますますナンセンスな発想だ。

単純に、他人の幸せを願う菩提心を養うことで、世の中は大きく変わると思うのだが。



それは、思いというものは言葉や振る舞いに如実に影響を与えるからだ。



徳を積む人生でありたい、と思う。

自分のできる範囲の小さなことで構わない。

そして、その根底にあるのは菩提心。



ラクラクと向こう岸まで渡り切れるように。

私に縁したすべての方々と一緒に渡り切れるように。



ヨノイ大尉。

  • 2018.02.19 Monday
  • 16:28


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は二十四節気の雨水。

郡山市内は青空が広がり、この冬の寒さのピークは過ぎたように感じた。



冬季オリンピックの話題がたけなわだが、個人的には全くと言っていいほど

興味がない。

どこか遠い世界の話のように感じる。



さて、タイトルの件。

先日、観た映画『戦場のメリークリスマス』。



内容に関しては、様々な感想がある映画だろうが、坂本龍一氏が演じたヨノイ大尉

が一番印象に残った。

姿勢が美しくクールで、何とカッコいいのだろう。



セリアズ少佐役のデヴィッド・ボウイもやはり素晴らしかった。



世間では、ビートたけしの例のセリフが印象に残った、という意見が多いが、個人

的には観終わったあともヨノイ大尉なのだった。



それは何故かと、考えると、あれだけ絶大な権力を持っていて、尚且つ容姿と教養

に恵まれ、軍人としての職務を完遂する責任感を備えていたからなのだろうと思う。



社会人となり、会社に勤めると必ず先輩社員や直属の上司がいて、仕事を教えてく

ださったが、過去にヨノイ大尉とまではいかないが、そのキャラクターにかなり近

い上司がいた。



恐ろしく仕事のできる人だったが、鬼のように厳しい人でもあった。

外車を乗り回し、いつも高級なスーツに身を包み、エゴイストの香水の匂いがした。

ヨノイ大尉と共通するところは、姿勢がいつも美しかったこと。



二十代後半の頃で、憧れた。



絶大な権力を手にするには、まずは営業成績を上げて、自分への投資を怠らず、見た

目にも気を配り、教養も身に着け、組織として職務を全うする覚悟が必要であった。



しかしながら、最後まで身につかなかったものは、姿勢の美しさだった。

これは常に客観的に自分を見続けるという、訓練の賜物ではないだろうか。



100の理論よりも、ひとつの憧れ。

それこそが、人を成長させる強力な原動力となる。



そのことを思い出させてくれた、ヨノイ大尉はやはりカッコいいのだった。



西に黄色。

  • 2017.10.30 Monday
  • 19:19


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は、月末の各種支払い。

売却活動報告書の発送業務があった。



時間があったので、スタットレスタイヤの注文も行った。

店員さんの話では、タイヤ交換の時期は11月23日頃がピークとなるで

しょう、との事だった。



さて、タイトルの件。

改めて、風水の方位に照らし合わせて事務所のレイアウトを鑑みた時、い

くつか修正する箇所が分かった。



今回は北、南、そして西方位の象意を強める。

北は、健康・人間関係。

南は、先見性・センス・直感。

西は、金運・喜びごと。



西方位の着手だけが遅れていたが、この方位は、もはや風水の格言で一番

有名な『西に黄色』である。



なかでも実りの秋を象徴する稲穂のような色。

山吹色のような濃い黄色が最も良いとされる。



先週、手芸店で注文をしていた山吹色のフェルト生地が届いた、との連絡

が本日、入った。



サンプルの生地を見ていた時、この山吹色の生地が一番しっくりきた。

サイズが大きいので、特注となった。

この生地を、事務所の西方位にある神棚へ配置する。

五社のお社の後ろの壁一面と神棚の下にも敷き、前面には少し生地が垂

れるようにレイアウトするのだ。



神棚に設置するので、肌触りのよい生地で、尚且つ調和する色を選んだ。

どのようになるであろうか。パッと明るくなるだろうか。



明日で神無月も終わる。



明日は、西に黄色を実践する日としよう。

11月を迎えるにあたり最良の日となる予感がするのです。



霊性の格差。

  • 2017.10.16 Monday
  • 19:01


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



今日は気温が上がらず、冷たい雨。

今季初めて事務所で暖房を入れたのだった。



衆院選も前半戦を終え、いよいよ後半戦へ。

論戦のなかには、経済の格差というテーマがあるのだが・・・。



先週、大きなニュースとして取り上げられた、東名高速大井松田の自動車事故。

何ともやるせない事故ではないか。



容疑者の映像を見た瞬間に、タイトルの言葉が浮かんだ。



スピリチュアル、精神性というか、つまり霊性があるからこそ人間だと思うの

だが、娯楽や便利さ、権利を主張したり、どうしたら得をするか、といったも

のと引き換えに、この霊性をあまりにもないがしろにして来なかっただろうか。



今の世の中は、実は、経済の格差以上に霊性の格差が広がってしまっている。

数字で表せないから、はっきりと証明ができないだけなのだ。



論戦のテーマに取り上げるには難しいことなのだが、霊性を取り戻す方法のひ

とつとして、甘やかさない、といったことも必要なのではないだろうか。



自然界で生きる動物達は、決して子供を甘やかさない。

生まれたばかりの頃は、もちろん大事に世話をするが、巣立ちの頃になると、

敢えて、突き放す。



生き物はすべて同じで、大変な状況に何度も直面をして、そこから何かを学

び、成長をしてゆく。



人間ならば真摯に物事に取り組むとき、神仏の加護を感じるぐらいに集中し

ているかもしれない。そして、それは素晴らしい財産と自信につながる。



規則正しい生活と食習慣。

普段の身だしなみ、姿勢、しぐさ、声、話す言葉、表情などその人を形作る

すべてにおいて、高い霊性が感じられるようになれたら、素晴らしい。



それには、適度な緊張感、向上心をくすぐる背伸び、時間を忘れて没頭でき

る趣味(つまり語れるテーマがあること)などが揃えば、まずはレールに乗

ったと言えるのではないだろうか。



そして、うまく走らせるには書物とモチベーションを上げる人間関係がカギ

を握る。



しかしながら、大丈夫。

レールに乗れれば、そこには自分へのご褒美としての追い風が常に吹いてい

て、良い書物や人間関係を運んでくれるはず。



常に、若干の負荷をかける。

甘えは白砂糖に似ているのだ。



今年も金木犀が。

  • 2017.09.25 Monday
  • 20:51


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



郡山市は今日も青空。

気温も上がり、少し汗ばむぐらいの暑さとなった。



午前中に調査で法務局、市役所を回り、久しぶりに市役所の食堂へ。

今回も迷わず、定番のポークカレー大盛りサラダ付き¥570円の食券を求めた。



お昼のワイドショーでは、衆議院解散の是非について専門家やコメンテーター

の人達が議論をしていた。



最近、心掛けていることは、世の中のおかしな出来事やスキャンダルめいた話

題に必要以上に関心を寄せ、余計な腹を立てないということ。



そもそも、自分の人生とは全く関係がない。



世の中のトレンドというか、流れ、雰囲気は把握しておく必要があるが、他人

の不倫や会社や個人の不正などは、詳しく知っていても何にもならない。



それよりも今の場所で、信念をもって役目をこなすことに集中していれば良い

のでは、と思う。



今年も、郡山市役所北側の駐車場では金木犀のいい香りが漂い始めた。

次回は、先日行ってきた祐気取りについて、投稿予定です。



『インパール作戦』の話の後で。

  • 2017.08.21 Monday
  • 19:04


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



夏の休暇も終わり、今日から本格的に営業スタート。

午後から賃貸の案内が1件あり、その後、売主様宅を訪問し売却の打合せを行った。



打合せの際に、先日NHKで放送された『インパール作戦』や『戦慄の731部隊』

の話になった。やはり観ている人が多かったのだろう。



8月に入ってから、ずっと曇り空だったが午後から日差しが射すこともあった。

夕方、西の空に久しぶりに小さな夕焼けを見ることができた。



『インパール作戦』の話の後で、人と比較するよりも、昨日の自分と今日の自分を

比べてみて、少しでも成長していれば良いのでは、といった話も出た。



お盆休暇を終えて、街も人々も動き始めてきたように感じた。



欲せよ、ならば努力を。

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 12:28


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



郡山市内は梅雨空が続いている。

三週間後の土用の丑の日ぐらいには、抜けるような青空と入道雲が見える

だろうか。



先月末から月初にかけて、予定が押していて、やっと一息つける。

良い出会いがいくつもあった。



さて、タイトルの件。

この言葉は、中学校の恩師から贈られた言葉。



『欲せよ、ならば努力を』



自分の望むものを手に入れたいのであれば、努力を惜しまないこと。

手に入らなかったのならば、自分の努力不足を認め、他人や世の中のせい

になどしない、といった解釈をした。



欲しても良いのだ、と割り切ることでモチベーションが上がることもある

のです。



・・・あなたの望むものは、何でしょうか。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM