江戸川乱歩の世界。

  • 2018.05.04 Friday
  • 17:35


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。



ゴールデンウイーク真っ只中。

郡山市内の道路は空いている。



今日は、溜まっていた事務処理を行った。

懐かしい書類もいくつか出てきた。



たまには、こうした時間も必要だ。



さて、タイトルの件。

毎年この大型連休の時期に、読みたくなるのが江戸川乱歩である。



それは、何故か。

考えてみると、通常通りの営業をしているが、暇なケースが多く、ニュース等で

成田空港から海外へ行く人達や、帰省ラッシュのピークなどと耳にすると、あま

のじゃくな気質が顔を出し、江戸川乱歩作品へ興味が向くのでは、と思う。



芸術的で知的な文学だが、猟奇的かつ人間の狂気を無茶な展開で綴る作品が多い。

舞台は、昭和初期の東京市。

太宰治の作品も同じ時代背景で、その時代の東京に興味がある。



短編集の「目羅博士の不思議な犯罪」は、月光と鏡が作品全体を貫いていて筋の

立て方が絶妙だ。



120年前にお生まれになられた方だが、セリフの中に丸ゴシックなどが出てきて

驚くとともに、今、読んでも色褪せない作品は、たゆまぬ努力の賜物であると思

うのだ。



推理小説作家の松本清張が、江戸川乱歩をとても尊敬していたのが分かるような

気がするのだ。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM