牛乳石鹸 赤箱。

  • 2019.01.11 Friday
  • 17:54


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。




今日は鏡開きの日。

お昼過ぎに神棚からお餅を下ろして、ストーブで温めて、きなことハマグリのお吸い物

で頂いた。




それにしてもこの熱海の地は、風が強く吹く。

山の谷間に沿って風が集中する地形に加え、建物が密集しているために、その強さは時

に想像以上だ。




ひとたび雪が積もれば、風が雪を巻き上げ地吹雪となり、視界は一瞬で消える。

幸い今日現在、積雪はなく、クルマの運転に支障はない。




冬至を過ぎて少しづつ日が長くなってきたと思うこの頃だが、まだまだ日が暮れるのは早い。

厳冬のこの時期、仕事を早めに切り上げたら、やはり温泉がいい。

『共同浴場 霊泉 元湯』に足を運ぶ。

シャンプーやボディソープの備え付けがないため、各自自分で持ち寄る共同浴場だ。




以前はボディソープを使用していたが、使用後のタオルの匂いが気に入らず、シンプルな香り

の花王ホワイト石鹸をずっと使用していたが、ある日切らしてしまい、浴場近くの雑貨店で買

おうとしたが見当たらなかったので、牛乳石鹸赤箱を手に取り、購入した。




実は、これが一番しっくりときた。




牛乳石鹸は青箱と赤箱があり、値段はそれぞれ1箱¥100円と¥120円。

青箱は、花王ホワイトと同じようなシンプルな香りの石鹸だったと思うが、赤箱は、青箱を

ベースにしつつ、ほんの少しだけジャスミンのようなスパイシーな香りを漂わせる。




値段は2割増しだが、とても満足のゆく1箱。

去年の暮れに、雑貨店でいくつかまとめ買いをしたのだった。




元湯へ行く際の必須アイテムは、アフターシェーブローションやスキンクリームなどいくつか

あるが、赤箱もそのひとつに加わった。



ロングセラー商品には、やはりそれだけの魅力がある。

次回は、写経をする際の筆について投稿予定です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM