平成回顧シリーズ 平成4年編。

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 18:37


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうござい

ます。



今日は天気が良かったので、現場を回って写真撮影を行った。



さて、タイトルの件。

平成4年。

この年の夏、郷里へ戻る決断を下した。せっかく希望して入学

した大学も休学ではなく中退という形をとった。先々のことを

考えると、どこかでピリオドを打つ必要があった。



都会の水は、どうも肌に合わなかったようだ。



実家では、生まれたばかりの子犬が飼われていて、癒された。

でも、これから、どうするか・・・。



時間だけを持て余し、ただ何となく生きているような、夢も希

望も持てない時期が続いていて、全くの無力だった。



幸い、実家暮らしだったので、なにがしか食べるものがあって、

日々の余計なストレスがなくて助かった。



この年の冬は、雪が深々と降り続いた記憶がある。

降り続く雪が、世界を静寂にするように、世間との関わりを絶っ

ていた時期だった。



次回は、平成5年編を投稿予定です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM