平成回顧シリーズ 平成5年編。

  • 2019.02.28 Thursday
  • 20:36


皆さんこんにちは、代表の吉田です。

今日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうござい

ます。



今日はすっかり残業。

しかしながら、やりたいことをすべて終えることができた。



さて、タイトルの件。

平成5年。

この年は、今振り返るとターニングポイントだったように思う

のです。



春先から引越しのアルバイトを始めて、正社員登用のお話もあ

ったが、当時は全く興味がなかった。まだ一つの会社に縛られ

たくなかったのだ。



ある程度の資金ができたので、書店で購入した気学風水の本の

内容を実践してみた。

人生で初めて祐気取り旅行に行った。

最初は群馬方面。次は岩手県の宮古へ。



このようなことで、運命が好転するとは夢にも思っていなかっ

たが、独り身の気軽さもあった。



季節は秋だったと思う。

今は亡き、叔父が遊びに来てくれたことがあった。

とても可愛がってもらった記憶がある。



腕時計を見に行きたいから、クルマに乗せていってくれ、との

ことで、実家のクルマを運転して、叔父と二人で出掛けた。

叔父は運転ができないのだ。



中古でいい、というのでアメ商百貨へクルマを走らせていると、

信号が赤に変わり、クルマを停めた。その時、叔父が「大金を

動かすような男になって欲しい」と呟くように言った。



ふと以前、ある女性占い師に観てもらった時のことを思い出し

た。曰く「あなたは不動産にだけ強い星がひとつ入っている」

と。



外は雨が降っていた。

信号が青に変わり、フロントガラスの視界がワイパーで綺麗に

なった瞬間、点と点が結びついて線になった。

自分の進むべき道が、はっきりと定まった瞬間だった。



あの時、あのタイミングで、何故、叔父は、あの一言を言って

くれたのだろうか。不思議であると同時に、ただただ感謝の気

持ちしかない。



運命の扉が開き始めた。

次回は、平成6年編を投稿予定です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM